クリニックで更年期障害を治療する|イライラにバイバイ

女性を中心とした病気です

女性医師

ホルモンが乱れて生じます

更年期障害は女性を中心に、さまざまな身体的症状が現れます。女性ホルモンと更年期障害は深い関わりがあり、中高年になった時に女性ホルモンの乱れから日常生活の支障が出るほどの不具合を生じる人もいます。発症のきっかけは若年期の過度なダイエットや喫煙、慢性的なストレスがあります。精神的な負担や乱れた食生活はホルモンバランスを崩してしまいます。また、肉食中心の生活を過ごすことで動脈硬化や肥満が原因で更年期障害になる場合もあります。中高年になると卵巣機能が低下していき、ホルモンが減少し、閉経を迎えます。これにより、今までにないような疲労感やホットフラッシュと呼ばれるほてり、多汗などが現れていきます。人により症状はさまざまで、全く気にならない人もいればすぐに治療が必要な人もいます。

精神的症状も現れます

更年期障害を感じやすい人の原因に、いろいろなことに気になる性格が影響を与える事があります。ちょっとした症状でも変化を察知し、原因を突き止めようと病院へ通ったり、少しの変化にすぐ薬を飲む人は健康に気を使う分変化に敏感になり、痛みを認知しやすくなります。日差しに当たると皮膚にかゆみが現れる日光過敏症は、一度気になってしまうとかゆみがさらに増してしまう場合もあります。身体的不具合を気にするあまり精神的に落ち込み、睡眠障害や不安症、ヒステリーを引き起こします。長期間憂うつ状態が続くとうつ病を併発し、心療内科において抗うつ薬を用いた薬物療法が必要になるケースがあります。更年期障害はホルモンを増量すると閉経前の体調に戻り、精神的な負担も徐々に軽減していきます。

Copyright © 2016 クリニックで更年期障害を治療する|イライラにバイバイ All Rights Reserved.