クリニックで更年期障害を治療する|イライラにバイバイ

人によって違いがあります

頭を抱える中年女性

様々な症状があります

女性ホルモンの低下が急激に起こる45歳から55歳の時期を更年期といいます。閉経に向かって徐々に体が変化するこの時期は多くの女性が様々な体調不良に悩まされます。特に症状がひどいものを更年期障害と呼び中には日常生活に支障をきたす場合があります。代表的な症状として、うつやイライラ、ホットフラッシュ、頭痛、多汗などがあります。このような症状は表れる人もいればそうでない人もいるのが特徴です。中には20代や30代に起こるプレ更年期障害と呼ばれるものに悩まされる人も多くいます。ストレスや生活習慣の乱れ、過度のダイエットなどによって更年期障害の症状は変化します。更年期の女性は子供の独立など環境の変化も多くあるため、こうしたストレスも影響しています。

様々な改善方法があります

更年期障害はホルモンのバランスが崩れることによって引き起こされます。このため、ホルモンバランスを整える働きのあるサプリメントや薬を取り入れることによって改善する可能性があります。また、食生活の見直しも大切です。ビタミンやミネラル、亜鉛などを豊富に含んでいる食べ物を摂取することによって、体調が整います。それに加えて、飲酒や喫煙を控えて、適度な運動で汗を流すことも大切です。気分が落ち込みがちになる更年期こそ引きこもらずに外にでることが大切なのです。最近ではドラッグストアでも気軽に購入ができる対策用のサプリメントや薬があります。なんとなく体調がすぐれないなどの場合にはこうしたアイテムを試してみることをおすすめします。

Copyright © 2016 クリニックで更年期障害を治療する|イライラにバイバイ All Rights Reserved.