クリニックで更年期障害を治療する|イライラにバイバイ

人によって違いがあります

頭を抱える中年女性

閉経に向かって女性ホルモンが低下する更年期に特にひどい体調不良に悩まされることを更年期障害といいます。この時期は人によっては日常生活を困難にするケースもあります。改善方法としてホルモンバランスをとる生活習慣やサプリメントを取り入れることをおすすめします。

詳しくはこちら

女性を中心とした病気です

女性医師

更年期障害は若い時のダイエットや乱れた食生活などから、更年期に入り女性ホルモンのバランスが乱れて発症します。ほてりや多汗、肌のかゆみなど身体的不具合だけでなく、不眠やうつ病など精神疾患に至る場合もあり、薬物療法により回復させていきます。

詳しくはこちら

女性の明るい明日を作る

診察

我慢するのはもう古い

ほてりやのぼせ、発汗などの症状が起こる更年期障害は、女性であれば誰でも発症する可能性があります。一昔前は「更年期障害は病気ではないのだから」と辛い症状を我慢する傾向がありましたが、今は積極的に治療し、明るく前向きに乗り切ろうとする方が増えてきました。 更年期障害の主な治療法は減少する女性ホルモンを補うことで症状を緩和する、ホルモン補充療法です。しかし、ホルモンを身体の中に人為的に補充することに抵抗を感じる方も少なくありません。そんな時には、漢方薬などを利用したり、あるいは生活指導を受け、食べ物や生活習慣などを改善するだけでも、症状が緩和されることが多くあります。「更年期障害ぐらいで」と思わずに、クリニックで治療を受けることが、その後の健康維持のためにも大切なことです。 我慢は美徳の時代は過ぎました。更年期障害を明るく積極的に乗り切りましょう。

多角的な視点から治療する

ホルモン補充療法を始めとして、更年期障害の辛い症状を治療によって克服しようという流れが強い現代ですが、逆にそれだけで良いのか、という考え方も出て来ています。 更年期障害は確かに女性ホルモンが減少することによって引き起こされます。しかし、その症状の現れ方は人によって様々で、中には不眠や不安感など、精神的な問題に悩まされる方も多くいます。今後はそうした精神面でのケアがより充実することでしょう。多くの女性が気軽に相談に行けるような、そんな環境が整えられていくはずです。更年期障害を発症することで気持ちも不安定になることがあるので、カウンセリングを重視したクリニックも増えていくと予想できます。

セルフチェックをしてみる

考える女性

更年期障害は女性にとって避けられないものかもしれません。それだけに、自分で症状のチェックなどをしておくことができれば安心です。女性ホルモンの減少によって引き起こされるもでもあるため、サプリやホルモン療法も有効です。

詳しくはこちら

Copyright © 2016 クリニックで更年期障害を治療する|イライラにバイバイ All Rights Reserved.